FC2ブログ
Johnny
接吻の様な、乳白色の霧の
「好き」は言うものじゃなくて溢れるもの。
心の底からこみあげてきて、それが唇の裏側をついた瞬間、相手と自分が本当に愛しくてたまらなくなる。
そんな風に想いを告げることができたらどんなに素敵だろうか。
同じように返されたら、どんなに幸せなことだろうか。
  1. Edit
  2. Permalink
  3. コメント:2