FC2ブログ
Johnny
あの娘のハートを打ちのめせ
子供の頃からの謎その2。
幼い頃に持ってた、クリスマスの歌の本みたいなのがあって。
「赤い鼻のトナカイ」とか「あわてんぼうのサンタクロース」はどんな歌なのかよく分かるんだけど、「もろびとこぞりて」がどうしても意味分かんなくて。
「主は来ませり」がカタカナで「シュワキマセリ」って書いてるから何がなんだか。
両親に聞いても「分からん」で終わったし。(でもあれは今考えると絶対教えるの面倒臭がってた。)
しかも「もろびと」は小人と同じ類の何かだとずっと思い込んでた。

諸々の人々がこぞって集まってイエスが来るのね。この歳になってやっと理解できる。

あと、「赤い鼻のトナカイ」なんだけど。
サンタさんが「お前の鼻は暗い夜道でも役に立つんだぜー」みたいに褒めて喜んだのは分かるんだけど、「こよいこそは」の意味が分からなかった。
後々「今宵こそは!」的な意気込みだって知った。
でもなんだよ「こよいこそは」って・・・・。子良いこそ? こよい子そ? こそばゆい?
そんなことを考えてた私はアホの子でした。


「聖☆お兄さん」読んでから、仏とキリストがやけに身近に感じる。
違和感なくキリストをイエスとか言っちゃったよ。どうなのこれ。
  1. Edit
  2. Permalink
  3. コメント:0
この記事のコメント
コメントの投稿









: