FC2ブログ
Johnny
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. Edit
  2. Permalink
ダ・ヴィンチ展にいってきました
Bunkamuraザ・ミュージアムで開催されている「レオナルド・ダ・ヴィンチ 美の理想」を観てきました。
作品数は少ないものの、色濃い内容で観に行った甲斐があった!

レオナルド・ダヴィンチの絵が、レオナルドの師からレオナルド派、周囲の画家たちにどのような影響を与えたかという話を中心に作品が展示されていました。
日本初公開となる「ほつれ髪の女」、ダ・ヴィンチ得意の描写方法で表現された女性は時代を経ても美しかった。
「モナ・リザ」の章では、モナ・リザの複製が5点ひとつの壁にずらりと並んでいる光景は異様で面白かったな。
モナ・リザは世界で最も有名な絵画、そして世界で最も複製の多い作品なのだそうで。
原画制作中でもすでに複製画が描かれていたらしい。解説も本当に興味深かった。

私は西洋美術が好きなので、印象派やシュルレアリズム派など結構なんでも観賞するのですが、レオナルド・ダ・ヴィンチの作品が一番好きというか、最も興味のある人なので今回の企画展は本当に満足。
いつかちゃんとルーヴル美術館にいって本物を拝みたい。


以上、勢いだけの内容の薄い感想でした(´ω`)笑
  1. Edit
  2. Permalink
  3. コメント:0
この記事のコメント
コメントの投稿









:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。